So-net無料ブログ作成
検索選択

2014 Miramar Air Show (3) [San Diego]

Blue Angels はちょっとお休みして、今回はF-35Bです。

DSC_8659s.jpg
Nikon D5100 + Tamron A005

最新鋭の戦闘機であるF-35ですがWikipediaではこう書かれています。
「F-35 ライトニング II(英: F-35 Lightning II)は、アメリカ合衆国航空機メーカー
ロッキード・マーティンが中心となって開発した単発単座の多用途性を備えた
ステルス戦闘機である」。機体にはいくつかのバリエーションがありますが
これは海兵隊に配備されているF-35Bで短距離離陸・垂直着陸機です。
上の写真にある通り、滑走路が無いところでも垂直に離着陸出来るという
機能を備えています。 この時のデモでは、単距離で離陸した後、スタント前に
来て、地上10数メートルでホバリングしつつ左右に回転した後、垂直に着陸
するところを見せてくれました。 
垂直離着陸の仕組みですが、まず後部ジェットエンジンの吹き出し口が
ぐにゅっと下を向いています。 さらに、前方操縦席後ろがぱかっと開いて
いますが、ここにファンがあって上から下にエアを吹き出しているそうです。
機体が空中に静止している時は、ジェットエンジンの音がとてもうるさいのですが
とても安定していて高い技術を感じさせます。

続きを読む


2014 Miramar Air Show (2) [San Diego]

引き続き Blue Angels です。 4機と2機に分かれ、4機はダイヤモンド型の編隊を
組んで真っ直ぐに上がっていきます。

DSC_7930s.jpg
Nikon D5100 + Tamron A005

続きを読む


2014 Miramar Air Show [San Diego]

DSC_7924s.jpg
Nikon D5100 + Tamron A005

10月の最初の週末はサンディエゴ名物、ミラマー基地のエアショーでした。
これはミラマー海兵隊基地(映画トップガンの舞台になった場所)を地元の市民に
開放して楽しんでもらうイベントであると同時に、米軍の戦闘機等が間近に
見られる大規模なエアショーでもあります。 私は2年前の2012年に初めて
行きましたが、去年2013年は米国政府がシャットダウンしたことの煽りを
受けて開催の前日に中止となってしまったので、2年ぶりの開催を楽しみに
していました。 中でも、一番の目玉は Blue Angelsの迫力あるアクロバット
飛行です。

続きを読む


皆既月食 [デジタル一眼]

お久しぶりです。

先週、4月14日から15日にかけて皆既月食がありました。 日本では夕方ほんの少しだけ見られたそうですが、
ここ米国の西海岸では夜中の23時から2時半頃に渡って見ることが出来ました。 天気が心配だったのですが、
途中少しだけ薄雲が掛った程度で、欠けて行き、赤く染まり、そしてまた欠けが戻って行く月が自宅の庭から
きれいに見えました。本当にラッキーでした。

eclipse_all_t1ss.jpg
Nikon D5100 + Tamron 70-300mm

その月食を5分おきにデジイチで撮ってみました。 撮影条件はその時々で撮れた写真モニターチェック
しながら調整し、また、欠けている途中は影の部分に合わせた露光と光った部分に合わせた露光との両方を
撮るように心掛けました。

基本手持ち撮影なので、撮れた写真の中の月の位置はばらばらだったのですが、それを手で切り貼りして
並べてみました。 出来たら良いな、と思っていたものが、それらしく出来て満足です。

写真としてはそういう感じなのですが、そんなことよりも何よりも、地球の影にすっぽりと入って、赤い色を
帯びた月が空に浮かんでいる情景が美しくて美しくて見とれていました。 それほど寒くも無かったので
庭に置いたイスに座ってぼーっと赤い月を見上げると、それは地球の情景とは思えず、昔読んだSF小説
のシーンを思い出していました。

次の皆既月食は10月で、今度は日本でも見られるそうです。 私もまた赤い月を見たいと思います。

台風一過(26号)

台風26号が関東を襲っている時に成田に向かって飛んでおりました。
幸い、午前中に台風は通り過ぎたようですが(電車が止まって通勤が大混乱したそうですが)
飛行機が着く夕方には雨風も収まっておりました。 が、午前中の混乱が後を引いたようで
成田が混雑し、千葉県沖で1時間程度の上空待機となり、ぐーるぐる、ぐーるぐると回って
おりました。

さて、その翌朝です。
時差ボケで夜明け前に目が覚めたので、2階のベランダから東の空が明るくなっていくのを見ておりました。
台風が過ぎ去った次の日の夜明けはいつもドラマチックで美しいのです。


P1070021s.jpg
GX1X

最初に外に出た時にはまだ暗く、ほんのりと東の地平線が明るくなっておりました。
低く厚い雲に空は覆われています。 街は静まり返っておりました。


P1070031s.jpg

徐々に東の空が赤く染まっていきます。
日の出が近付いてきました。 心なしか雲も高くなってきたようです。


P1070040s.jpg

気が付くと、雲が晴れ始めています。
急に明るくなってきました。


P1070048s.jpg

雲の合間に青紫の空も見え始め、そして日の出はますます近付いてきます。


P1070058s.jpg

東の空の一点がオレンジ色に光り始めました。
今日の日の出はあそこからです。 雲もオレンジに色付き始めています。


P1070066s.jpg

ふと気づくと、上空の空に紅い色が差しています。
日の出前の太陽の光が濃い紅い色に雲を染めているのです。
いよいよ日の出は近い。


P1070072s.jpg

太陽が顔を出しました。
お早うございます。
(太陽にほえろ、を思い出してしまうのは内緒です)


P1070076s.jpg

日が昇ります。
太陽がその全身を現すと、見る見る空は明るくなり、逆に雲は暗くなっていきます。
鮮やかな夜明けのショーは終わり、日常が始まりました。

ご無沙汰であります [ペット(犬)]

ご無沙汰であります。
犬君こと私 Luca は太平洋を渡って(飛んで)、サンディエゴという街に引っ越したであります。
8月は昼間は暑かったでありますが、からっとしているのが日本とは違うでありました。

1377189_736827673000160_1917460168_n.jpg

10月に入りましたが、昼間はからっと暑く、朝夕は涼しくてちょっと寒いくらいの気候に
なってきたであります。 過ごしやすくて気持ち良いであります。

引っ越してからいつものご近所犬さん達に会えなくなったのは寂しいでありますが、
こちらにも犬さんは沢山いてそれなりに楽しいであります。
人間さまも優しくて、私を見るとなにやら叫んで寄ってきてなでてくれるのでうれしいであります。
ご主人さまと一緒に出掛けられるお店も多いようで、今日は近所にお出かけしております。
そんな感じで、生活のいろいろな変化でよく分からない感じではありますが、
元気でやっております、わん。

2014 Mazda3 [クルマ]

DSC_0899s.jpg
Xperia Z

ご無沙汰しております。
1か月ほど前に家族と犬君がサンディエゴにやって来まして、その前からバタバタと
超多忙になっておりまして。

そんな中、犬君のではなく、クルマ写真で済みません。

新型の Mazda3 です。 日本名で言うとアクセラ。
米国でのデリバリーが世界に先駆けて開始されました。
9月発売、と聞いていたので、どうせ少し遅れるだろうと思っていたら、8月末には
ディーラーさんに入庫したという情報を聞きつけて見てきました。

どうでしょう、このデザイン。
躍動感があってなかなかよろしいと思います。
新型のキモは、フォードのプラットフォームではなく、全部マツダ製の新プラットフォーム。
そのおかげで随分と軽くなったようです(詳細データなし、、)。
軽くて剛性の高いボディになったのですから、その走りは期待してしまいます。
(昔話で済みませんが、かつての「ランティス」を思い出してしまいました)

そこでちょっとお願いして試乗させてもらいました。
まず車内に入ってちょっと驚くのは、カッコイイメーターパネル、の横に鎮座する
ヘンテコなラジオのディスプレイ。 ディーラーのおっさんが、目覚まし時計置いたみたいだろ、
と何回も言ってましたが、まさにそんな感じ。 ちょっと、かなり、安っぽかった。
上のグレードはもっとカッコイイタッチ式になるそうなので、要確認ですな。


DSC_0896s.jpg

試乗したのは2LのSkyactive Engineのモデルで、米国ではまぁ下のグレード。
走り出すと、エンジンはアンダーパワーですが、足回りは良く出来ています。
路面の当たりがマイルドにしつけられていて、安っぽくない。
これは良さそう。 足回りのキャパには余裕がありそうですから、タイヤをグレード
アップしたハイパワーモデルは面白いものになりそうです。
米国では2.5LモデルというのがMazda3にはあって、こいつはなかなか面白い
エンジンなのです。

スタイルは見たとおり、小型車とは思えない、ちょっとアグレッシブでちょっと高級感
もあります。 (ただ、モデルチェンジ前のアクセラも実は良いデザインだったなぁ、と
改めて思ってもみたり)
リアとフロントのウインドウの傾斜が強くなった分、車内は背の高い人には少し圧迫感
があるかもしれません。

というわけで、小型車を探している人は是非一度検討する価値はあると思います。
がんばれ、マツダ。

nice!(13)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Super moon June 2013

Super moon はこちらでは23日朝の4時半ごろだったようなのですが、
その月の出の頃の写真です。 つまりは22日の夕方。

この日は月の出は19時22分、日の入りは20時、ということでまだ明るい空に
ほぼ満月の月がうっすらと昇っていくのでありました。

DSC_2732ts.jpg
Nikon D5100 + Tamron 70-300mm トリミング

こういう紫色っぽい夕暮れの空に昇っていくお月様がきれいで好きです。


DSC_2743ss.jpg

これは東側が見通せそうな丘を探しておいて撮りに行ったもの。
この少し左側にフリーウェイが見えて狙いだったのですが、
思ったより右側に月が出てしまったのでちょっと失敗です。
でも、このミルクを溶かしたような空の色のグラデーションがきれいでした。


DSC_2807ts.jpg

教会の尖塔にかかるスーパームーン。
この頃から雲が掛かって苦労したのですが、なんとかそれっぽく撮れました。

が、雲がどんどん増えてきて、その夜のきれいで明るいお月様はこれで終了。
夜明け前も、朝方も曇ったままでした。
思い通りにならないのも、月らしいと言うか。

夕暮れの Torrey Pines State Reserve [San Diego]

DSC_2545s.jpg
Nikon D5100 + Sigma 17-70mm

夕暮れ時、丘の上から海と夕日を見たくなって海辺に出かけた。
アパートからクルマで15分程の Torrey Pines State Reserve 。
私が San Diego で最も好きなところの一つ。

続きを読む


A4 [クルマ]

DSC_2627s.jpg
Nikon D5100 + Sigma 17-70mm, ISO1600, F=2.83, SS=1/1.3s

2010年式の Audi A4 quattro に乗っています。
良いんだけど、いろいろ難しいというか複雑な印象のクルマです。

先日点検の時に代車の2012年式に乗ったら、これがすっきりと
良いクルマになっていました。
ステアリングがしっかり、しっとりと重たくなっていて、ファイナル
低くなったようなチューニングトランスミッションになっていました。
あぁ、こういう風にして欲しかったんだよー、とすっきりしたと同時に
自分の不満が明確化されて、その不満なクルマに毎日乗っている
自分であります。

ま、良いクルマなんですけど。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。