So-net無料ブログ作成
検索選択

ターキッシュエアラインズのビジネスクラス(2) [旅写真]

さて食事です。トルコ料理は世界3大料理の1つでもあり、日本人の口にも合うと思います。
ターキッシュエアでは必ずシェフのような服装の人が乗務していて(果たしてその人が本当の
料理人かは定かではないのですが)料理には力を入れているよ、とアピールしています。

P1000163s.jpg

食前酒とナッツ、に続いてまずお寿司が出てきました。

P1000164s.jpg

そしてパン。ターキッシュエアのパンはいつもちゃんと温められていて美味しい。
バターだけでなく、オリーブオイルも出てくるので、お皿にオリーブオイルを入れてスパイス
等も入れてつけておいしく頂きます。

P1000166s.jpg

前菜はスモークサーモンのタルタルとパプリカのソテー。

P1000168s.jpg

グリーンピースのスープも頂きました。これは美味。

P1000171s.jpg

メインは牛肉のトマトバターソース。左はトルコスタイルのライス。
うーん、これはちょっと口に合いませんでした。 トルコ料理のお肉は普通にケバブが美味しい
よなぁと思います。 そしてもうだいぶ眠かった。

P1000172s.jpg

デザートはワゴンに乗ってやってきました。
睡魔と戦いながらデザートを選びます。 好きなだけ頼みましょう。

P1000173s.jpg

と言いつつ、フルーツアイスで十分。
デザートを食べつつ眠りに落ちてしまいます Z z z z ...

P1000447s.jpg

そういえばターキッシュエアではベッドメイクというか、シートにパッドを敷いて寝支度をしてもらえます。
(タイミングとしては食事の前だったと思いますが)

P1000183s.jpg

往路ではイスタンブール到着は現地時間の早朝4時ごろ。なので、その2-3時間前には客室の
明かりが点いて、食べたい人は朝食、となります。
まずはオレンジジュース、フルーツ、チーズ、などなど。

P1000184s.jpg

和食も選べますが、自分は洋食を頼んだので、チーズオムレツ、焼きトマトとアスパラのソテー。
おいしいです。

そうこうしている内に、真っ暗な窓の外にイスタンブールのきれいな明かりが見えてきます。

アタチュルク空港に着陸したら乗継便を待ちます。 ここのターキッシュエアのラウンジは世界最大の
広さで、飲み物、食べ物、娯楽、シャワー等とにかく至れり尽くせりです。
それはまた別に機会にご紹介することとしましょう。

P1000203s.jpg

アタチュルク空港はターキッシュエアのハブ空港ですから、ほとんどがターキッシュエアの飛行機。
その数には圧倒されます。 トルコの経済発展を支える重要な空港なのでしょうが、先日のテロ攻撃
では大きな被害が出ました。 出来るだけ早く、まずは国内情勢の安定化を行い、安心して使える
空港になって欲しいと思います。



FUJIFILM ミラーレス一眼 X-Pro2 ボディ X-Pro2

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-Pro2 ボディ X-Pro2

  • 出版社/メーカー: 富士フイルム
  • メディア: エレクトロニクス



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。