So-net無料ブログ作成
検索選択

サグラダファミリア2016(1) [デジタル一眼]

毎度ごぶさたしております。
皆さまに報告しないといけないこともあるのですが、なかなか筆が進まず、
それよりも先に4月に行ってきたサグラダファミリアの写真でも紹介させて下さい。

P4251146as.jpg

いわずと知れたバルセロナにあるガウディのサグラダファミリア教会
目にするのは4度目ですが、行く度に建設が進んでいます。 昔は完成まであと100年かかる等と
言っていたと思うのですが、観光客が増え、資金が集まった結果、どうやら2026年には完成する
目処となってきたそうです。とは言え、このペースでもあと10年、どんだけここから大きく変わる
のでしょうね。

さて、1枚目の写真は受難の門。この灰色の回廊のような部分は初めて見るもので、新しく
付け加えられつつあるようです。受難の門側はモダンな様式の彫像が特徴です。チケットブース
がこちら側にあって、17時に行ったところ、入れるのは2時間後の19時から、と言われました。
チケットはPCやモバイルからも時間指定をして買えるようになっているので、計画的な人は
そちらで事前に買いましょう。

P4251149as.jpg

高い塔の上の飾りもいくつか出来ていました。今回はズームレンズも持って行ったのでちょっと
アップ。色鮮やかなモザイクが太陽の光を浴びて素敵でした。

P4251154as.jpg

さて、入り口はこの生誕の門。東向きなので夕方には日陰になってしまいました。 こちらは
出来てから年月も経っているので黒ずんでいます。

P4251161as.jpg

キリストの生誕とマリア様。後ろはヨセフでしょうか。このように聖書の話に基づいた
いろいろなシーンが各所の表現されています。

P4251175as.jpg

教会の中に入ります。数年前には無かったステンドグラスもほとんど入り、差し込む光が
とても美しい。

P4251178as.jpg

教会内は高く伸びる柱が何本も立ち並んでいます。
天井を眺めてしばし恍惚感に浸ります。

P4251184as.jpg

礼拝席の後ろから正面のキリスト像を望みます。
今回はフィッシュアイレンズ(キャップ)を持って行ったので半分くらいはそれを使ってみました。
サグラダファミリアの大空間を写し取るにはこういうのも面白いかな、と。

P4251186as.jpg

真上を見上げるとガウディの独特な造形の面白さに打たれます。
この全てが幾何学的に考え抜かれたものだとは。

P4251190as.jpg

西側は暖色系。夕日を受けてとても鮮やかでした。

P4251198as.jpg

正面の近くまで来ました。
この宙に浮かび、天に昇って行きそうなキリスト像も独特で美しい。

ここらで後半に続く、です。

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。